ねずみはその繁殖性が高く駆除するのは難しい、その有害性はとても高く、食物を食べたり触ることで食中毒の原因になったり、物をかじる習性により建物の建材や配線などに被害がでます。


ねずみ退治を業者に依頼すると高額な料金になるので、自分で駆除または防ぐ方法があります。



ねずみ退治にはその種類を知ることが大切です。

日本に生息するねずみは3種類います。

1つ目は、どぶねずみで家の地下や下水道で生活しています。

2つ目は、くまねずみで建物内の壁裏や荷物など影で生活しています。

3つ目ははつかねずみでもともと農村で稲刈りの後、家に侵入します。

また、農作物の荷物に隠れて都会に運ばれ、倉庫で繁殖したりします。

ねずみ退治の方法には2種類あります。

一つ目は、ねずみの駆除方法で、ねずみを捕獲したり薬で殺して退治します。


捕獲には、粘着式ねずみ捕りや、ねずみ取り用のかごを用います。


以前はかご式ので捕獲していましたが、回収処理するのにねずみが動くため不衛生です。

かごを再利用するには捕獲したねずみを処理するのが大変です。

ガジェット通信情報に関するかしこい運用法をチェックしてください。

最近は、捕獲したねずみととも捨てることができるので、衛生面や回収処理が簡単な粘着シートが使用します。



設置場所はねずみのフンがあったり、通過した痕跡、かじられた跡や見かけた場所に設置します。薬は殺鼠剤を用いて、はじめは無毒の容器に入れて食べさせ、安心したあと殺鼠剤を混ぜるのが有効的です。

設置場所は捕獲の場合と同じです。


薬は有毒なので、使用するときは手袋やマスクなどを着けます。

二つ目は、駆除後は、再度ねずみの侵入を防ぐ対策で、建物内に侵入しないように、穴や隙間、割れ目、配管には防鼠ブラシや金網、防鼠パテなどでふさぎます。

エサを与えないために、残飯整理などの清掃をしっかり行います。
停電やネットワーク停止を避けるため、ケーブルや電線などをねずみには、かじられないよう防鼠塗料を使用します。


 
Copyright (C) 2016 ねずみ退治を自分で駆除するには All Rights Reserved.